スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日とは

一年ぶりに誕生日を迎える事となった。
懐かしい知人より「一日早いけど、おめでとう」なるメールを頂き
ほっこりと嬉しい気分になったので、久しぶりにブログに向き合う。

 さて、私は昔から誕生日をお祝いされるのははあまり嬉しくないところがある。
もちろんみんなに集まってもらって嬉しい、ありがたい、楽しい!
という感情はもちろん人並みには有しているつもりではあるが、
こぞってそんなにめでたいのかなあ??と思うちょっと冷めたところもある。

本来お祝い事とは、得てして主導権は祝われる側にあるのではなくて、祝う側にあるものである。
祝う側のテンションが高ければ高い程、悲しいかな祝われる側のそれは反比例して行くものである。

私はずっと飲食業に携わっていて、人様の誕生日は数々携わらせて頂いた。
たとえ関係の薄いお客様であっても、誕生日をお祝いするのは楽しい事だし喜んでる人を見るのは決して悪い気はしない、いやむしろ嬉しいし幸せな気分になる。

よって、私は誕生日が嫌いな訳ではなくて単に照れくさいのだけかも知れない。祝われる側よりも祝う側の方が向いているのかも知れないなあと・・おもう。


誕生日はみんなにパーティーを催して頂くのもまた良いが、1人で静かに迎えたいものだ。

理想は、静かなバーでつかず離れずのバーマンにそっと一言
「いつもよりもいいウイスキーにしておきましたよ・・」
くらいのお祝いでちょうどイイ。フェイスブックなどもっての他である。


私にとって誕生日とは人生における【リトマス試験紙】のようなもの。
「一年前の9月23日何してた?」って聞かれても、自分にゆかりのない日であれば覚えている事は稀だろう。
だが、
「去年の誕生日は何してた?」って聞かれればだいたいが思い出せるのではないのかと思う。
その日の天気、行動、誰と過ごしたか、どんな会話をしたか、下手したら食べたものまで思い出せるかもしれない。
その日その時自分の見えた物が今日(今年)はどんな風に映っているのだろうか?それを自身に問う日でありたいし、
また、昨年と同じ色、同じ匂いに感じているのであれば成長のない証拠である。



誕生日という日をもって、【人は誰しもが二面性(社会に順応に適合する自分と自己同一性・アイデンティティー)を抱えて行きて行かなければならない】、を言う考えを自分なりにまとめて行ける一つの【節目の日】として捉えたい。












関連記事
スポンサーサイト

HDO仙台『SPUNT CAFE』オープニングスタッフ募集!!

HDO仙台新店舗【SPUNTO CAFE(スプントカフェ)】
新商業施設「シリウス・一番町」内に2014.03.07グランドオープン!


スプントカフェ

それに伴いオープニングスタッフを大募集しております!!
まずはお気軽にお問い合わせ下さい♪


詳しくはこちら





関連記事

声のトーン

 最近、目まぐるしく人と会ったり人を紹介して頂いたり、はたまた自分から接触させて頂いたりする機会が増えた。
とてもありがたく、そして自分が目指していたところに参加させて頂いている事に深く感謝をしている毎日であります。

 さて、今回のテーマ・声のトーン。

FBなどの便利なツールを使って本当に簡単に誰とも【会話】出来る時代になった。
いや、実は本当は【会話風】、だと思う。けど。

 実は私は電話がとても苦手です(ケータイで話すことね。)。

そもそも最近は電話をかける側が受け身の気質になっているのはしょうがないとして、
第一声の「今お電話していて大丈夫ですか?」のフレーズもマナーというか、挨拶というか、
「こんにちは」くらいの本件をスムーズに進める為の挨拶になっているのは否めない。

 飲食店の現場の予約受付くらい【電話でテンションを発表する!】くらいの感覚であればいいのだが・・、日々普段を生きてるとそうでもないし。


例えばデリケートな内容を思い想像したとき、
「むかし、仲違いした関係」や、もっと言えば「元カノ」とかに電話するとき・・。
「今お電話大丈夫ですか?」では無いと思う。むしろ、いつでもダメだし。
相手の大丈夫な時を想像して連絡しなければならない。


「あの人は今何をしているのだろう?」


とか、考えて考えて考えて連絡するはずである。
夜も眠れなくなっているはずである。
そして、甘酸っぱくなり発信のボタンを押せなくなる。
もし押しても、そういう時は絶対に繋がらない・・。
マーフィーの法則ではなく、
それが見えない相手にコミュニケーションを計る、愛しさと切なさと心強さと。
逆にそういう時は言えば、いつ電話してもアウトなのである。



そんな事を毎日考えながら電話しながら生きていると、
なぜか電話の【第一】声で会話の内容が解るようにになってくるから不思議。マジで。

ああ、この電話はいいニュースなのかなあ?
とか、
また何か不具合が起きたのかな??
とか
この人ノルマ必死なんだなー
とか。

あげくの果てには、液晶に相手の名前が出て来ただけでだいたい用件が解る。
職業病かね??これも。


【最近、元気にやってる?用事は無いけど。】


この【声のトーン】意外に癒されたことは無いね。


母ちゃん以外にかかって来た事無いけど、。ね。


いつの日か、そんな電話がくる日を楽しみにしながら・・・、


最近ニュースでは「オレオレ詐欺」がまた多いみたいね。
なんかわかるなあ。











































関連記事

無風状態

子供の頃の「凧上げ」を思い出してみた・・。

 いろんな凧の種類があって、性能重視なのか、ビジュアル重視なのか、を自分で考えて種類を決める。
私はミーハー&目立ちたがりだったので、当時流行していた「立体凧」を毎年兄に手伝ってもらって制作したのを覚えてる。
専用の木材を買ってきて、のりを塗って和紙を貼る・・。文字どおり3Dにする事によって空を飛んでいるとき
のビジュアルの美しさを追求する凧である。
 リスクはマックス!一回でも落ちると粉々に砕け散る。
手を抜いて、みんなと同じゲイラカイト(だったかな?)にすれば簡単に上がるし、何回でもチャレンジ出来る。
「今年も林またやっちゃってるよ・・」なクラスの周りのみんなの失笑気味の、
冷ややかな目線は子供心にある意味で快感だった・・。
子供ながらに「俺はお前らとは違うんだよ」的なアピールだったのかもしれない。今思えば。

 さて、この凧まず上がらない。一回のトライで確実に大破するので、
毎年残骸を処理した後、凧上げの授業の時間がとても長く感じたものだ。

そんな中、一回だけすごく上がった事があった。
気合いと精神と、周りの失笑と、失敗して大破する瞬間を期待しているギャラリーの熱い視線を背中に十分に受けながら、走る!走る!走る!!とにかく全力で走る!!

そしてリリース!!

なんと上がったのである。残念そうなギャラリーの表情と、失笑していた人間の顔からは
ビジュアルの美しさに見ほれている感嘆の表情に変わったのを覚えている。

そして、どこまでも上がるのである。恥ずかしいくらい。
今度は風を存分に受ける凧なので、引き戻せない・・。かなりの力で凧をコントロールする。
(ヤバい!持ってかれる・・マジで上がっちゃった!なんか恥ずかしい!)
自分でも上がると思ってなかったのである。アホである。
表情はいたってクールに、胸はドチドチ、腕はパンパン、先生の熱い視線が心地よかった。

しかし今度は、ある程度の高さを越すと、ふわっと楽になったのを覚えている。
【無風状態】になった。
そんな中、ニヒルに口元にうすら笑み携えながら「もっと俺を見ろ!」的な稲中レベルの快感に酔いしれていた。

とても美しかった。

・・・・

なんかお店や会社を立ち上げるのに似てるな〜って思った。

コンセプトを考えて、組み立てて、冷ややかな視線を存分い受けて、「失敗しろ!」って思っている輩の期待に添うべく失敗して、またトライして、失敗して。しかも次のトライはなんと一年後である!かなりリスキー。
上がった瞬間は最高に気持ちいいけど、維持するのにもかなりのエネルギーが必要になる・・。
しかし、ある程度を超えると、気持ちが、そして感覚が楽になる。


駄菓子屋で安く売ってるゲイラカイトが、ぐにゃぐにゃといくら高く上がった所で、
誰も見向きもしないし、また上がって当然である。

美しくもない。

上がった立体凧のように、
無風状態を楽しもう、
そうなりたいし、そうありたい。





関連記事

過去の日記(自分)に一言

以前、私のブログ(だいぶ前ですが・・)にて
コラムを引用させて頂いた日記を見つけました・・。
自分自身に引っかかるものって、その時の自分の状態なんだね・・。多分。
今見ると、客観的に読む事が出来るけど、当時は衝撃だったなあ。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


感慨深いコラムってかブログを見つけた。

以下、引用させて頂きます。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
なってもなっても虚し、
ニクタイは疲労、立ち上がる気力もなし。


ある日。

ほとほと、

疲れ果て。

公園を歩くだけで、泣けてくる。

この足を上げるのはなんのため。

この体を伸ばすのは何のため。

深呼吸をするのは何のため。

何かのため、何かになるための、ぜんぶ何かのためなんだろう?

欲しいものがあるからなんだろ?

わたしはただでは動けません。

意味をくれ、意味を。



なってもなってもなりきれない。

それがわかったときはもうボロボロ。ずいぶんくたびれちゃった。

意味なんか無いの。

気持ちがいいから、それだけ。

やりたいから、それだけ。

それだけでよかったんです。



なるために生きるってことは、一生なれないってことなの。

ならないとダメなひとは、一生ダメなままです。

何にならなくてもいーんです、ほんとうは。

いまのまま、そのままで

ありのままの あなたやわたしでいーんです、まる。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




ある、懇意にして頂いている漫画家様の
ブログ。

こういう風に、自分の感じたことやアンニュイな気分

を表現できるってすごい。


自己同一性、アイデンティティーがひしと

伝わってくる。


啓蒙思想や「自分らしさ」ではなく

切り取っても切り取っても

そこにあるのが自分という事を

認めることこそが

人間として人間らしく生きていける第一歩。


ギタリストさんだったり、絵描きさんだったり

詩人だったり。


俺にはこういう才能が無いから・・。

飲食店を通じてみんなに発信していければ

いいなあ。

伝わって行けばいいなあ。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


一回読んだ本や詩集など、私はすぐに人にあげてしまうタイプですが・・
とって置いた方がいいのかもね?
振り返って読み直すと、視点が違ってて面白い&興味深い。
自分を見失っている時はそんなものなのかもね。

当時は辛かったんだろうな・・。

今は全く違う悩みを抱えておりますが、悩みって一生無くならないのだね。

逆に考えれば、【壁】はいつでも自分自身の中に存在してて、またいつでも乗り越えられるってことだね!

ってことにしておきましょ。











関連記事
プロフィール

HDO

Author:HDO
(株)林デザインオフィス
  代表取締役 林泰弘
日々、ただただ楽しい事を模索して生きております。
飲食店をこよなく愛し、そして誰よりも飲食店を楽しむ!
をモットーに活動して行きたいと考えております。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。